Spring in Tajima 但馬の春

植村直己冒険館(兵庫県豊岡市)、志村喬記念館(同朝来市)を訪ねる但馬(たじま:兵庫県北部)一日旅。
植村の冒険行、志村の名演技。伝え聞く二人の謙虚な人間性が相まって、静かにでも確かに私に何かを教えてくれる。
植村が敬愛した加藤文太郎も但馬・浜坂(同新温泉町)の人だ。

最寄りの生野駅から、志村喬記念館を目指す街通り。
ぽかぽか陽気で気持ちよさそうな、めびなとおびなをあるお宅の窓辺に見つけた。菜の花の黄色のぼんぼり。穏やかで心地よい気持になる。
このあたりでは、3月弥生のこの時期、おひなさまがあちこちの町家で披露されるそうだ。すてき。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。